取得方法とメリットと知識を備えてスムーズに出来るようにしておく

知識と利用法

合宿免許についての基礎知識

自宅から教習所に通うのではなく、教習所に泊まり込んで最後の筆記試験を受けるまでの過程、つまり「見極め」までをこなすのが合宿免許です。合宿免許の良いところは、ほぼ一日免許取得のために勉強できることです。ですから、自分自身の頑張りによっては、短期間に免許取得が可能です。ただし、宿泊費も別途かかりますので、その分費用が高くなります。筆者が免許を取った時の合宿免許の教習所では、相部屋と1人部屋がありました。予算によって部屋のタイプを選ぶこともできます。合宿免許の教習所は国内にいくつもあります。自宅に近いところを選んだり、遠い九州や北海道の教習所にするなど、楽しみ方もいろいろあると思います。どんな教習所があるかは、ネットで検索して調べることができます。

最短で免許を取る利用法

同じ合宿免許でも差が出るのは、それぞれの教習所が立てているプログラムです。ですから、最短で「見極め」を受けられるまでの日数も異なります。ちなみに筆者が合宿免許をした時は、とにかく最短で終えられる教習所をネットで見つけ、そこで最短の17日間で「見極め」合格までいきました。そして次の日には本番の筆記試験を受けて合格し、合計18日間で免許証を手にしました。最後、試験場の電光掲示板で自分の受験番号が映った時は、教習所でのきつい合宿免許プログラムについていき、頑張ってきた苦労が報われた気持ちでいっぱいで、とても印象に残っています。この時のうれしさが、合宿免許の醍醐味だと思います。筆者は合宿免許は「最短で免許を取得する」ことに利用したわけです。